2009年07月13日

黄金杯 メキシコ対グアドループ


メキシコ、勝てばハイチと、
引き分けたらコスタリカと、負けたらUSAと対戦することになります。

スタメンは、GKオチョア、
DFエフライン・フローレス、マガヨン、ロドリゲス、ピント、
中盤にトラド、I. カストロ、ジョバンニ、エスキヴェル、メディーナ、
トップにブラボ。

グアドループもユニが緑でしたが、
今日はメキシコが緑ユニ、グアドループは白です。

主審はトリニダード人、ニール・ブリザン。

全体にメキシコ優勢ではありましたが、
グアドループがレッドを二枚出して自滅してくれた感じもありました。
二枚目レッドはちょっと厳しかった気もしますが。
トラドのゴラッソとサバーのヘディングで2−0.
メキシコは無事にグループ1位でトーナメント進出。
準々決勝はハイチと対戦することになります。

よかったけど、ここで安心とか慢心とかして次でコロッと負けないように!!!

審判
Neal Brizan
Hector Vergara
Anthony Garwood
Paul Ward






この記事へのコメント
メキシコは勝って当たり前の試合だったね
メヒコ  2009年07月13日 16:00
メキシコの19番って誰
直樹  2009年07月13日 16:26
>メヒコさん
「勝って当たり前」と言えるような試合、もう数年見てない気がしますけど、
普段の(いや、以前の)メキシコなら、まあ勝って当然の相手ではありますね。
ニカラグアには勝ったけど、パナマだって……。
でもランキングどおりには行かないところが面白いのだから、
サッカーで番狂わせは仕方ないというか、歓迎すべきですよね。
でもメキシコが勝ってよかったです……。

>直樹さん
19番はプエブラのノリエガですね。
パナマ戦でレッド喰らってこの試合は出場停止になってます。
アギーレが今回発掘してきた代表新人ですけど、活躍してますね。
 2009年07月13日 22:10
勝って良かったです。
内容も一応メキシコ優勢だったというコトで
まぁまぁだったのかな。

フト思ったのですがアギーレになって
実は負けはあんまりなくないですか?
初戦のW杯予選のアウェーでは負けたけど
それ以降は…まだ試合数は少ないし
引き分けってコトも多いけど、負けないだけ
マシになってきたと思いたいですね。

次はハイチになりましたね。
頑張って欲しいです。

あと、亀さん体調悪化しちゃいましたか?
お大事になさってくださいね…。
Egoist  2009年07月13日 22:29
>Egoistさん
内容も、前に比べたらずいぶんマシになったと思います。
まだまだ安心&満足できるレベルではないけど、
あのままエリクソンで続けていくよりはよかったと思える程度には。

アギーレになってから確かに、負けはしょっぱなのエルサルバドルだけですね。
とはいえ、こう言っちゃなんだけど、
大した相手と対戦してないってのもあるかと。
まあ今の状態では「大した相手」となんかやったら、
ぼこぼこにされて立ち直れなくなりそうなんで、
やらなくて正解なんでしょうけどね〜。
じわじわとでもいいから、立て直していってほしいですね。
ハイチ相手にも、油断はしないで……。

私の体調のほうは何とか……。
熱はまったくないので、インフルエンザの心配はないです。
何とか頑張って早く治します〜。
 2009年07月13日 23:05
medioさんの採点表〜。
http://www.mediotiempo.com/futbol/seleccion-mexicana/reacciones/2009/07/12/asi-lo-vimos-analisis-del-tri-ante-guadalupe_24230

チーム全体としては6.5点。
よくなってはいるけど、この大会の目的は黄金杯獲得でもあるけど
チームとしてのリズムを作り出してW杯予選(USA戦)に向けての準備。
それにはまだまだ、と書かれてます。

オチョア 6 一本受けて、それをセーブ
フアレス 6 よかった、よくなっている
マガヨン 7 いいよ、いいよー
ロドリゲス 5 うーむ
ピント 5.5 いつもどおり義務を果たす
トラド 7 堅固さとすばらしいゴール
I.カストロ 6.5 よい、落ち着いてバランスよし
エスキヴェル 6.5 悪くはないよ、カルリート、悪くはない
メディーナ 6 よくなって、枠に飛ぶようになっている
ジョバンニ 5.5 今日は労務者として働き者だった
ブラボ 4.5 ああ、オマール!
バレラ 無採点 やろうとはした
グリンゴ 無採点 彼らしく
サバー 無採点 決定力、オマール、仕方ないね
アギーレ監督 5.5 進歩している

アギーレは後退する余地なかったと思いますがね。
あと、I.カストロは不要なファウルが多すぎる気がします。
ピントのほうが点数悪いのはいまいち納得行かない。
ですが、久しぶりのフアレス、これまでパッとしなかったエスキヴェル、
同様のメディーナ、あたりはじわじわと調子を上げていると思います。
残念だったのは、今回いつもの爆発力がなかったバレラ、
せっかくフルタイムでプレイしたのに決め切れなかったブラボあたりでしょうか。
サバーとトラドはゴール決めたのでいいですが、
トラドはもう少しパスの精度を上げてほしいと思ってます。
追記  2009年07月13日 23:25
estoさんの個人評価です。
http://www.oem.com.mx/esto/notas/n1241871.htm

オチョア:後半のスーパーセーブはすごかった。メキシコ勝利のキーとなるプレイだった。前半はやることなしだったが、後半はちょこちょこ仕事があり、あのスーパーセーブだけでも充分。

フアレス:何度かやる気満々で打っていた。徐々によくなっているが、どんな場合にもコントロールする必要があり、不要なラフプレイはチームを不利にすることがある。

マガヨン:守備の要で、攻撃にもよく参加している。が、まだ充分なレベルには復活していない。チームの安定に貢献し、まだまだできる選手である。

ロドリゲス:守備ラインに徐々になじんで、マガヨンとの連係もよくなっているが、ふたりとも空中戦には苦労する。その点で改善が求められるが、今回は少なくともゴールを守りきった。

ピント:ちっちゃいが鋭い。今回は忙しく、相手の体格とスピードに臆することなく対抗した。激しく、集中力があり、戦略的に規律正しくポジションを守るが、他のチームメイト同様まだ伸びる余地がある。

トラド:代表で最高の選手、持てるヒエラルキーと経験のすべてを出し切った。代表を勝利に導くゴールをエリア外から打った。熟練し、為されたプレイで、その直前にも同じようなシュートがあった。尊敬に値する選手。

I.カストロ:22分にイエロー。そのせいか、後半で交代させられた。これからはもっとカードに注意すべきだが、チームにとってよく貢献する選手である。

ジョバンニ:ピッチにいたあいだずっとよく参加し、もう少しでゴールのシーンもあった。チームにもっと貢献できる選手で、ゴールを決めることができたらさらに自信がつくだろう。才能があり、代表を盛り返す助けとなる器がある。

エスキヴェル:ひとつひとつのプレイに気迫を感じるもうひとりの選手。チームが試合ごとによくなっているのは明白で、すべての選手がそこにつながりあっている。エスキヴェルにも自信を取り戻す必要があり、差を見せ付けるプレイをする勇気が必要。

メディーナ:代表が持つ最高の選手のひとり。よく参加し、貢献している。彼のダイナミックさとスピードはメキシコのライバルにとって恐ろしい毒である。これまでのところゴールがないが、近いうちに決めるだろう。

ブラボ:何かの呪いに追われているとしか思えない。ゴールを決められず、枠が見えてないので、どうにもならない。フルタイムプレイさせたアギーレはしかしグッジョブ。

バレラ:64分ジョバンニと交代で入った。今日はあまりプレイがなかったが、交代で入って起爆剤にならなくてはならない。チームを攻撃的に変化させる役割を負っている。

グリンゴ:74分にイスラエル・カストロと交代。これまでの試合より、チームとよく融和していた。これからもよくなってくれるといい。

サバー:79分にエスキヴェルと交代。わずかな時間しかなかったが、ゴールを決め、チームに自信と安定をもたらした。

とのことです。
ちょ〜っと誉めすぎで気恥ずかしくなるところもあるけど、
medioさんでほめたりない選手がほめられていると安心します。
追記  2009年07月13日 23:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。