2009年07月01日

南米杯へのメキシコクラブ参加はまたまたキャンセル〜?


ぬぁんだってぇ〜〜〜〜?

今度の横槍はコンカカフから出たようです矢印緑
コンカカフ公式サイトの声明はこちら矢印緑

しかもmedioさんの記事はわずかな間にタイトルが変わってます。
最初は「コンカカフ、メキシコの南米杯への参加をキャンセル」だったのが、
今は「コンカカフ、メキシコに南米杯への不参加を要請」となってます。
ふーん、てことは参加するかどうかはメキシコの意志で決められるわけ?
記事を読んでもその辺はよくわかりませんが……。

【と記事を書いてる間に、またタイトルが変わりました。
 今度は「メキシコはコンカカフの要請により南米杯参加を中止」となってます】

コンカカフ側の言い分としては、
これは先の豚インフルエンザをめぐるメキシコとコンメボルの確執とは関係なく、
メキシコは2005年から4回分の南米杯に参加する話であって、
それは去年の2008年で終わっていると。
して、コンカカフでは新しいチャンピオンズリーグが始まって二回目だし、
コンカカフからの南米杯への参加は取りやめましょう、とか……。

うん、南米杯のコンカカフ枠一個は、断ればいいじゃん?
でもメキシコ枠はそれとは関係ないよね?

しかもメキシコサッカー協会も、この決定はコンカカフの大会を守るためで、
メキシコチームの参加がコンメボルに流れてしまわないようにとか言ってますが、
ちょっと待て待て待て、コンメボル大会に参加するのは
コンカカフに参加できないチームばっかりだろ?
何の関係があるんだよ、それと???

コンカカフのボスであるチャック・ブレイザーが言うには、
「南米杯に参加が決まっていたモンテレイとプエブラには非常に残念なことだが、
 両クラブが将来コンカカフの大会に参加してくれることを切望する」
とな。
じゃ、今年は南米杯に参加しておいたらどーですか、両クラブ?

さらにブレイザーは
「コンカカフは2010年のリベルタ杯に参加することにやぶさかでなく、
 そのためにインテルリーガの開催を検討する」とか……。

ちょ、ちょっとちょっとちょっと!
インテルリーガはリベルタ杯の「メキシコ枠」の参加クラブを決める
メキシコサッカー協会主催の大会なんですけど?
コンカカフの大会じゃないんですけど?

要するに……メキシコだけがコンメボルに参加してるのがけしからん、
ってことですか?
わしらも混ぜろ〜〜!ってことですか?
んなことする暇があるなら、自分ちの大会をもっとレベル上げる工夫すればぁ?
そしたらメキシコもコンメボルに浮気なんかしないで、
一生懸命コンカカフの大会に参加させていただくと思いますよ?

とにかく、9月に「インテルリーガ」の内容について検討するんだそうです。

で、メキシコサッカー協会はなんと言ってるかというと、
「この決定は明らかにコンカカフの大会を保護する目的のものであり、
 われわれはコンカカフに所属している。
 コンメボルの大会にこんなにも長く参加できたことは幸運であり、
 ふたつのサッカー連盟にまたがって参加したのは稀なことであり、
 コンカカフがわれわれに、コンカカフ大会に集中するようにと
 要請するのは時間の問題だった。
 クラブに対しては非常に残念なことであると思っている」
とか言っちゃってます。
はー。

コンカカフに参加してないクラブがコンメボルに参加してるんだから、
文句言われる筋合いはまったくないと思うんですがねえ。
サッカー協会のおっさんたち、ちっとは頭使えやぁ〜。




【2009年 クラブ:南米杯の最新記事】

この記事へのコメント
>亀さん
なんかいきなりの話ですよね。
コンカカフの大会を守るというのは仕方ないかなとも。
なんせ今シーズンのコンカカフCLはひどかったですからね。
公然とこんな大会に出たくはないという監督、明らかに1軍ではないメンバー編成、パッとせず盛り上がらなかった決勝戦など、それでも上位にあふれるメキシコのチームたちにコンカカフのジレンマがこうさせちゃったのかな。

またメキシコ以外のコンカカフのチームが出ても放映権料などから考えても、コンメボルは嫌がるでしょうね。そうなったら、何回かで終わるのも見え見え。

いっそのことコンメボルへ鞍替えもありかなと思うのですが、インフル騒動の時の対応からそれもできないのかなあ。

コンカカフよ、参加が決まっているチームを無理矢理排除させたんだから、モンテレイとプエブラをコンカカフCLに参加させるぐらいのことをしてみろよ。自分たちの大会でしょ!
コンクリ  2009年07月01日 08:46
プエブラの監督チェリスことサンチェス・ソラーが爆発してます。
当然ですわな。
http://www.mediotiempo.com/futbol/mexico/noticias/2009/06/30/chelis-le-mienta-la-madre-a-concacaf
なんと言っているかはあえて訳さないでおきます。
何となく想像していただけるかと思います(笑。

http://www.mediotiempo.com/futbol/mexico/noticias/2009/06/30/molestos-en-puebla-por-determinacion-de-concacaf
プエブラの選手たちもムカついているようです。
これまた当然ですわな。せっかく張り切っていただろうに。
プエブラにとっては16年ぶりの国際大会だったそうです。
追記  2009年07月01日 08:59
ム、ムキ〜!!!!
私も怒ってます!!
たしかに2大陸の大会にまたがって参加するのは例がないのかもしれませんが、
チャンピオンチームじゃないですからね。
せっかくの国際大会を経験できると思ったのに・・・。
 2009年07月01日 09:09
>コンクリさん
いやいや、コンカチャンプに出ていたクラブは別に、
コンメボルの大会で疲れていたから二軍、とかではないわけでしょ?
それとは関係ないと思いますよ。
「こんな大会」発言して「二軍」で出場していたのは、
相手がはっきり言ってメキシコにとってしょぼすぎる相手だからであって、
それはコンメボル大会に参加しようがしまいが、同じことなのでは。

きれいごとではありますが、私としてももちろん、
コンカカフの「弱小」国チームがどんどん力をつけていってほしいと思います。
そのためにメキシコチームと対戦するのがいい経験になるというなら、
コンカカフチャンピオンズカップからリーグへの形式変更も良いと思います。
メキシコチームは「こんな大会」発言は余計だと思うけど、
どの選手をそこへ送り込むかはそのチームの判断でいいのではないでしょうか。
それで相手を甘く見てメキシコが負けたら
ざまあみろと言えばいいんですよ、よそは。
負かせないうちは黙っていればいいんです。

コンカカフの大会にはメキシコリーグのチャンピオンとサブチャンピオンを、
それも4チーム送り込んでいるんですからね。
それで、何の文句があるんですか。
それ以外のチームからコンメボルの大会に参加することで、
コンカカフにどんな支障が出るというのでしょうか。

あえて言うなら、支障が出るのは、
コンカカフとコンメボルの試合が重なったときの放送の視聴率とか?
スタジアムの観客数がそれに影響されるとはあまり思えませんし。
しかしそれだって要するに、資金的な問題なわけで、
サッカーとして、スポーツとしての問題ではないですよね、
ということをプエブラ監督チェリスも発言してますが。

メキシコチームの選手たちへの負担がかかりすぎる、という問題は
すでにずっと以前からあると思います。
が、それはメキシコサッカー協会が判断すべきことであって、
コンカカフが口出しすることではないと思うんですよね〜。
コンクリさんおっしゃるとおり、
モンテレイとプエブラを無理やり不参加にするなら、
その埋め合わせにコンカカフの大会に参加させるべきですよね。
それもしないのに、ただやめろ、とはひどいのでは。
ああ、書けば書くほどムカついてきました!(笑
 2009年07月01日 09:12
>鬼さん
ムカつきますよね〜〜〜!
コンメボルとインフルエンザ問題でこじれてダメかと思い、
あっさり仲直りしてそれはそれで微妙だけど(笑)でもよかったな〜と思い、
そして挙句にこれですもの!!!

そうそう、コンクリさんへのお返事にコメントし忘れましたが、
ホント、もういっそコンメボルに移籍しちゃってもいいんじゃないかと思います。
でもそれも難しいんだろうなあ……。
 2009年07月01日 09:17
>亀さん
私の書き方が悪かったのでしょうね。
『公然とこんな大会に出たくはないという監督、明らかに1軍ではないメンバー編成、パッとせず盛り上がらなかった決勝戦』
なのにそんなチームに勝てない他の地域のチームたち。そういうチームからの恨みつらみかと。

なんかうがった見方をすると、Jack Warnerが自分のチームをコンメボルへ送りたいのかとも思っちゃいます(でもコンメボル的にはNOでしょうけど)。

チェリスにはもっと頑張って噛み付いて欲しいですね。折角獲得した出場権なので。それにもうドラフトも終わって、チーム編成という観点からも出場する前提で選手獲得してただろうし。
コンクリ  2009年07月01日 09:38
コンメボル転籍は不可能ではないと思います。
最近でもオーストラリアがアジアに、カザフスタンがヨーロッパに転籍して、その理由にはもっと強いところに行きたいなどだったと思います。
でもそれには転籍先の同意が必要だとは思いますが、
それを匂わせて今回のコンカカフの決定を取り消させるやり方はあると思います。今のコンカカフからメキシコが抜けたら、かなりの痛手になるだろうし。
コンクリ  2009年07月01日 09:47
>コンクリさん
ああっ、ごめんなさい、私もかっかしてたもんで〜〜。
「守るのは仕方ない」「CLはひどかった」の流れから、つい。
でもよく考えたら「ひどかった」というのもメキシコチームの態度ではなく、
それ以外のコンカチャンプ参加チームの出来のことですね?
確かに、メキシコ4チームのうち3チームが準決勝進出、
しかも途中敗退したプーマスもクルスアスルに負けてのことですもんね。
まあ昨シーズンはUSAのチームがなぜか不調だったのもあるし、
今シーズンがどうなるかはわかりませんが、
まあまたメキシコチーム優勢になっても不思議はないですよね。

ジャック・ワーナーと、それにブレイザーですね。
チェリス監督も、このふたりが得するだけじゃないかと糾弾してます。
まったくそのとおりですよね。
要するに自分たちも、ってことなんだろうと思います。
しかし、そんなところに力入れるくらいなら、コンカカフの充実に頑張れよ、
と思ってしまいます……。
なんか、根本的に間違ってるだろ、と。

ただ、さっきちょっと冷静に(?)考えてみたんですが、
やっぱりインフルエンザ騒動も無関係ではないだろうなと。
リベルタ杯のことでメキシコがコンメボルと決裂したとき、
コンカカフはなんか、うきうきしちゃったんじゃないでしょうか(笑。
そこには、ちょっとざまあみろという気持ちも混じり、
今度からメキシコが自分たちに真剣に相手してくれるという期待もあったかも?
(と思うのは傲慢かしらん? 笑)
それがまたあっさりと元の鞘に収まっちゃって、
コンカカフとしてはがっくりというかムカついたというか。
で、これまで何となく言いたいけど言えなかった不満が噴き出した、みたいな。
それが、メキシコにはコンメボルじゃなくコンカカフに向いてほしい、というのと、
自分たちにもやらせろ〜!というのと、両方向にいっぺんに向いちゃって、
何だか話が情けなくも意地汚ない感じになっちゃってますがね(笑。
でも、そんなふうに考えると、ちょっと子供っぽいところがかわいいというか、
少し冷静に眺めて、頭を冷やすことができそうです。

チェリス監督、ホント、言える人だから頑張ってほしいですよね。
もちろん南米杯に向けての選手獲得、チーム調整やってたと思います。
それを無駄にしないためにも、何とかならないでしょうかねえ。

と書いているあいだに次のコメントが!
前から南米某国ファンの友人に、コンメボルに加入しちゃいなよ〜、
とは言われてたんですよねえ、まさにオーストラリア引き合いに出して。
まあ私に言われても、ってなところはありましたが(笑、
そうできたらいいだろうな、とはずっと思ってました。
コンメボルがどう言うか、次第でしょうけど、
その脅しは効きそうですね(笑。
どうなんだろ、このまま決定事項になってしまうのか、
まだ今後の展開が望めるのか……。
ニュースに気をつけて追いかけていこうと思います。
 2009年07月01日 10:02
うーん、これはもうちょっと噛み付いてもよさそう、ですよね。Conmebolを味方につける感じで。大体南米杯のPatrocinadorは日産。メヒコのチームが出るか出ないかは重要でしょう。

(ところで、何でPueblaとMonterreyが参加権を得たのかちょっと?なんですが。。過去二回のリギージャの順位から、他の大会に出るチームを除いた?)

コンメボル参加は前から個人的には希望してました。たとえたまに?ワールドカップに出れなくても絶対得るものは大きい気がします。中途半端にインテルリーガでたまたま勝ったチームを送り込むんじゃなく、その時点で一番いいメヒコのチーム(これも、コンカカフCLみてると微妙なんですが笑)を送って、きっちりブラジルやアルヘンのチームを破って、クラブ選手権に出てほしいなって思います。

でも、そのためにはとりあえずエルサルやホンジュラスには勝たないと、ですが。。
perra brava  2009年07月01日 13:24
>perra bravaさん
ですよね、なんでメキシコサッカー協会がこんな腰低いのか、理解に苦しみます。
が、コンメボルを味方につけたいところ、インフルエンザ事件があったから、
今さらすがるのもカッコ悪い気がする、のかも(笑。
ニッサンがスポンサー、そうでしたね。
しかもプエブラが出場、と思ったけどプエブラはVWでしたか。
ニッサンはアグアスカリエンテスのネカクサ……残念。
でもメキシコに大きな工場があるのだから、何とか言ってくれてもよさそうですよね。

モンテレイとプエブラはそうです、2009年閉幕シーズンのjornadaのみの
総合順位でコンカカフに出られない上位チームとして4位と5位です。
1〜3位はパチューカ、トルーカ、プーマスですね。
そして最下位だけどその前のシーズンの準優勝のクルスアスルがコンカカフです。

コンメボル加入、私もできたらいいなとは思ってました。
もちろん心配もあって、予選枠をひとつ増やしてもらうとしても
W杯に出られなくなる可能性はperra bravaさんおっしゃるとおり。
あと、南米のサポーターのマナーの悪さが伝染するかも(笑)というのも、
過去に実際にコンメボル大会での影響がありましたからね。
それと、お山の大将でなくなってしまっても、
メキシコに踏ん張れるメンタリティがあるか、というところも心配です(笑。
が、鍛えられることは間違いないですね。

インテルリーガ、まあ「たまたま勝った」というチームがないでもないでしょうが、
私はこれ、けっこう悪くないのではと思ってます。
南米の他の国ではそれこそ半年前のチャンピオンとかがリベルタ杯に参加するなか、
メキシコチームがそれなりの健闘を見せるのは、インテルリーガで
けっこう直前に決まるチームってことも大きいのでは、と思うんですがどうでしょ。
だから、コンカカフでいまいちなことがあるのは
メキシコのモチベーションが低いだけではなくて、
今回みたいに半年以上前の準優勝で今は不調のチームが
参加したりしてることもあるんじゃないかと。

でもそうなんですよね、コンカカフでは圧倒的に強くて負けることがない、
って言うなら堂々と(?)コンメボルに行きたいって言ってもいいと思うんですが、
代表もだけど、クラブだってたまにボロッと変なふうに負けたりするから、
何となくそこまで強いこと言えないというか、
コンメボル行く前にやることあるんじゃないの、と思ってしまう。
そこらへんがメキシコの詰めの甘いところというか、
まあだからこそコンメボルで鍛えられたらいいんじゃないかとは思うんですが。
medioさんの記事のコメント欄でもその意見は出てますね。
にしてもメキシコサッカー協会、なんでそんな日和見なんだ。
ジャック・ワーナーに巨額の借金でもあるのか?って感じですよね(笑。
 2009年07月01日 13:57
翌朝、もう少しいろいろ記事が出ていたので読んでみました。

http://www.oem.com.mx/esto/notas/n1225883.htm
こちらの記事によると、コンカカフからの通達が来たのは日曜日で、
メキシコサッカー協会は月曜まるまる費やして何とかしようとしたらしいです。

サッカー協会のほうのニュースによれば、
コンメボルもこの通達には驚き、メキシコサッカー協会と一緒になって、
せめて今年を最後にということで、今年の参加は認めてもらえないかと交渉したとか。
しかしコンカカフは譲らなかったようですね。
南米杯の対戦カードを決定する抽選会は今週の金曜、7月3日に予定されています。
メキシコ2枠と招待のコンカカフ枠1つがいきなり空いちゃったら、
そこにどのクラブを入れるか、コンメボルだって急にそんなこと言われても〜
って感じじゃないでしょうか。

また、モンテレイ、プエブラともに、ふたつの大会に参加するつもりで補強し、
その経済的損失も大きいようです。
そりゃそうだよね、多少お金かけて選手取っても、
南米杯で収益があると計算してただろうし。
でも、それもこれもすべて「仕方のないこと」なのか……。
しかしこんなことはもっと早くに決めてほしかったもんですね。
なんでこんな間際になって、と思います。

https://futbolmexicano.up.seesaa.net/image/sondeo20090701medio.JPG
medioさんの今日のアンケート、このコンカカフの決定について、
・われわれのサッカーにとって損失である 29.8%
・いいことだ、集中できる 5.1%
・そんなことはどうでもいい、メキシコはまず改善するべき 15.0%
・チェリス監督は正しい 50.0%
という結果になってます。
最初と最後の選択肢がコンカカフの決定に対して異論があるということで、
8割近くと、まあ当然の結果でしょうか。

しかし昨日の段階では何だか寝耳に水だったんで、
今後の展開次第でまたひっくり返る可能性もあるかもと期待してたんですが、
サッカー協会がすでにある程度は尽力した結果がこれだというなら、
もう無理かもですね。
medioさん記事に昨日ついていたコメントに、
「何を今ごろになって書いてるんだ」というのがあり、
なるほど、コンカカフからの通達は日曜に来ていたなら、それも納得。
しかしmedioさんも、何とか覆せるだろうから様子見と思っていたんでしょうか。

ただ、去年も似たようなクレームがコンカカフから出てたよなと思って
過去記事を探してみたら、こちら。
http://futbolmexicano.seesaa.net/article/106847131.html
このときもブレイザーがぶつくさ言ってて、
要するにメキシコのコンメボル参加を阻止したいのか、
それとも自分たちにも参加させろというのか、どっちやねん、て感じでしたが、
結局FIFAにお伺いを立てて、メキシコが2連盟の大会に参加しても
別にFIFAはぜんぜん構わないよ、という返事をもらってるんですよね。
このときも、いっそコンメボルに加入しちゃえば〜、とか書いてますが、
インフルエンザ問題でもめた直後の今は、それも言いにくいのかなあ。
でもどうして今回はFIFAに訴えないんだろう?
まあFIFAも、そんなのはこっちに関係ない、自分たちで決めなさいって言うかな。

南米杯の試合日程ページとか参加クラブ一覧とかすでに作ってたのに〜、
という私の個人的な恨みも、多少はあります(笑。
追記  2009年07月02日 00:31
https://futbolmexicano.up.seesaa.net/image/terrazas20090701.jpg

すみません、テラサスさんの漫画にまた笑っちゃったんで。
女の子(服に「南米杯」):じゃあ……ママがもう行っちゃダメって言ってるの?
プエブラとモンテレイ:わかってあげて、かわいそうに、更年期障害に入っちゃったんだよ

ブレイザーママ、怖い……(笑。
追記  2009年07月02日 09:10
http://www.mediotiempo.com/futbol/internacional/noticias/2009/07/01/eduardo-de-luca-reclamo-a-concacaf-el-retiro-de-la-sudamericana

コンメボルのボス(ジェネラルセクレタリー)であるエドゥアルド・デ・ルカ氏が
今回のコンカカフの決定について発言しています。
まあやっぱり、いきなりなんだよ〜、もっと前に言ってくれよ、ってのと、
あとはどのくらいリップサービスか知りませんが、
メキシコが参加してくれないのは残念であるということ。
いい刺激になってくれていたのに、と言われると悪い気はしませんね。
またコンメボルの見解ではやっぱり
インフルエンザでこじれたのが影響してるんじゃないの?とも言ってます。
まあまったく無関係ではないでしょうね。
追記  2009年07月02日 12:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。