2009年05月11日

最終節残り試合とリギージャ組み合わせ


日曜日、見なかった試合プーマス対モンテレイは、
モンテレイどしちゃったんですか?
糸が切れたような負けっぷりで3−0のプーマス勝利。
順位が入れ替わって、プーマスが総合3位、モンテレイが4位になりました。

これにて2009年閉幕シーズンのレギュラーシーズン終了。
スーペルリーデルはパチューカ。
得点王はトルーカのマンシーリャ(14本)。
アメリカのカバーニャスは13本とわずかに及ばず、
モレリアのサバーも最後の試合でゴール決められず11本で終わり。
モンテレイのスアソももっと行くかと思ったんですが9本止まり。

降格はすでに別記事でさんざん書いてますがネカクサ。
もっともまだ100%決定ではなく、99.99%くらいです。

各グループの成績は以下のとおり。

グループA
パチューカ  +19 36 *
モンテレイ   +6 26 *
プエブラ    -3 26 *
インディオス  -1 23 *
サントス    5 22
アトランテ   -3 17

グループB
プーマス    +6 28 *
テコス     4 25 *
アメリカ    -2 23
モレリア    -1 22
チバス     1 21
クルスアスル  -7 13

グループC
トルーカ   +15 36 *
ハグアレス   -2 21 *
アトラス    -7 21
サンルイス   -6 17
ティグレス  -11 14
ネカクサ   -13 14

各グループの1位と2位のチーム、
そして3位以下のチームは勝ち点と得失点差でまとめて並べ、
上位に入るプエブラとインディオスがリギージャ進出です。
勝ち点わずか21のハグアレスが、
23のアメリカや22のサントス、モレリアを差し置いてリギージャですが、
それはグループ分けの不幸としか言えませんね。

これら8チームを順位順に並べると、
パチューカ、トルーカ、プーマス、モンテレイ、
プエブラ、テコス、インディオス、ハグアレスとなります。

よって準々決勝の組み合わせは
パチューカ対ハグアレス
トルーカ対インディオス
プーマス対テコス
モンテレイ対プエブラ

左チームが先にアウェイです。

詳しい日時は明日にも決定するでしょう。






この記事へのコメント
http://www.mediotiempo.com/futbol/mexico/noticias/2009/05/11/suspendidos-que-dejo-la-jornada-17-del-clausura-2009

第17節の出場停止者。
全員、来シーズンに持ち越しですな。

Oscar Rojas(Morelia)2試合
Horacio Cervantes(Morelia)1試合
Xavier Baez(Chivas)1試合/5枚累積
Luis Omar Hernández(Necaxa)1試合/5枚累積
Tomás Boy (DT)(Morelia)1試合

なぜかmedioさん記事にはチバスのバエスとネカクサのエルナンデス、
ダブルイエローって書いてあるんですが、そんな事実はない。
変だなと思ってサッカー協会見に行ったら、5枚累積だそうです。
それって来シーズンに持ち越されるのね、知らなかったよ。
出場停止  2009年05月12日 09:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。