2009年05月06日

長引くリベルタ杯とインフルエンザ問題


あまり気乗りしない暗いニュースですが……。
これまでこちらの記事矢印青とこちらの記事矢印青でも
主にコメント欄でお知らせしてましたが、
リベルタ杯のメキシコチーム参加を巡って揉めています。

4月28日と29日、豚インフルエンザがもっとも猛威を振るっていたときに、
チバスとサンルイスはそれぞれチリとウルグアイへ試合しに出かけました。
入国拒否されるんじゃないかとか心配してたら、そんなこともなくて、
安心したのも束の間、
特にチバス選手たちがちょっと町に出ると、避けられ、いろいろ言われ、
試合中にもインフルエンザ関連の罵声を浴びせられ、
エヴァートンを敗退させた試合後には物を投げつけられて控え室に逃げ込み……。
そんな中だったので、レイノーソの鼻水事件も、私としては、
上品なことではなかったけど、むしろざまあみろという気持ちでしたよ、ええ。
というか、本当に鼻水は飛ばしてなかったと思いますがね。

festejo-everton-0.jpg
エヴァートンの選手だってどうせこんなことしてるし……

しかしまあ、レイノーソ、気持ちはわかるが、
こんなややこしい話になるなら、ちょっと我慢してくれればよかったのにね、
と思わないでもなかったりもします。
どちらにしても(どんな理由があったにしても)
レイノーソのやったことは誉められたことでないのは当然なので、
まあ過去のことなどは持ち出さず、誠心誠意謝罪するしかないのでは。



と言いつつ、デリケートな問題が他にイヤってほどあるこの時期ですから、
この事件もまた、メキシコのやる気を損なわせているのは
まあ間違いないところでしょうか。

そもそもそんなにお金のない(らしい)サンルイスは、
ホーム戦をよそでやることに対しても不満そうでした。
そしてついには、リベルタ杯への参加なんかやめてしまえ!と言ってます矢印緑 矢印緑

何やらコンメボルでは不思議な案が出されているようで、
サンパウロと対戦するチバスのホーム戦をウルグアイのナシオナルのスタジアムで、
ナシオナルと対戦するサンルイスのホーム戦をブラジルのサンパウロスタジアムで?
……それってなんですか、この2チームに絞れば、被害は最小で食い止められる、
っていう計算?

で、サンルイスが、ホーム戦をホームでやるのはうちの権利だ、
なんでそんなところでやらなきゃいけないんだ、と駄々をこねだしてる様子。
サンパウロまでは飛行機で10時間とかかかるのも理由。
選手の負担はウルグアイチームよりメキシコチームのほうが大きそうです。

コロンビアに拒絶されたことにもムカついているようで、
コロンビアはメキシコとの出入りを差し止めてはおらず、
毎日飛行機がメキシコからコロンビアに飛んで、
最低でも100人のメキシコ人がコロンビアに入国している、
それなのに、たった20人かそこらのサッカー選手は入れられないのか!
と、おかんむり。
まあ確かに、サッカー選手のほうが一般のメキシコ人よりよほど安心な気がしますが。

さらに、ウルグアイ政府は親切にも、
2試合ともうちでやってもいいよ?と言ってくれたとか。
それは嬉しいんですが、ナシオナルにあまりにも有利になるような……。
というわけで、サンルイスは、ノーサンキュー。

うまく行きませんなあ……。

しかしウルグアイ政府も含め、メキシコをつまはじきにする国ばかりではなく、
なんと、ブラジルのコリチバというチームが、
うちのスタジアム使っていいよ、と申し出てくれたとか矢印緑
聞いたことのないチームだけど、ありがとううううう!
チバスも感激して、感謝状を贈ったようです。

でもクリチバなら聞いたことあるんだけど、と調べてみたら、
2007年にリベルタ杯に参加したパラナーというクラブがあるところ。
人口175万とけっこう大きな町なんですね矢印青
サンパウロについで日系人が多いところでもあるんだとか。
そして、グアダラハラと姉妹都市のようです。
その縁もあっての申し出だったんでしょうか。
どっちにしてもブラジルだったらサンパウロのホームみたいなもんじゃん、
という意見がここで出なかったのには、それもあるのかもですね。

クラブのほうはドイツ系の若者たちが作ったチーム矢印青
とくらいしかわかりませんが、名前、覚えておきます。
ドイツ語ウィキには、貸してくれるというスタジアムの写真も矢印黒
なかなか綺麗で立派なスタジアムですねえ。
ブラジルって、こんなクラブがたくさんあるんだろうな……。
と改めてその懐の深さを感じてしまいました。

チバスとサンルイスがどこでホーム戦を行うかについては、
コンメボルの決定を待つしかありませんが、
一方でヒューストンでやるという話もあるようです矢印緑
なるほど、ヒューストンなら移動にも便利だし、
ホームと言っていいくらいメキシコ人もたくさんいるし、
米国はメキシコ人が入ってくることは気にしないと言ってくれてる様子。
まあ問題はコンメボルが認めるかどうか、
それと、米国でだって患者は一応出ているわけで、
サンパウロがグアダラハラ(患者が出たという話はなし)に行くのがイヤだったら、
ヒューストンに行くのもイヤだと言わないかなあ、というところ。

ともかくも、コンメボルが何とか言わないと話が進みませんね。





この記事へのコメント
日本ではメキシコサッカーのことはあまり話題にならないのですが、レイソーノの件はよく記事になっています。
http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2009/05/06/26.html
もし感染していたら38度以上出て試合出場どころではないと思うのですが…。
南米のことはあまり分からないのですが、そもそも季節のインフルエンザ自体もないのですかね。
コンクリ  2009年05月06日 08:34
>コンクリさん
レイノーソ……。
なんでこんな変な話題だけは日本でも紹介されるんでしょうねえ?(苦笑

まあサッカー選手たちは健康管理もしっかりしているだろうし、
入国前にも検査を受けているはずだし、
感染している可能性はほぼないと思うんですよね。
そもそもグアダラハラではまだ患者すら見つかっていないようだし。
ただまあ潜伏期間を考えると、熱がなくても
ウィルスを持ってる可能性はあるかもですよね。
だからまあ、レイノーソのあれは、いろいろムカついていたとしても、
たちの悪すぎる行為ではありました。
それは本人も認めているし、帰国前に相手選手とクラブにも謝罪したと言ってます。
あまり特殊なことと捉えられずに、
たまにある選手同士の行き過ぎた行為として、数試合の停止ですめばいいんですが。

インフルエンザ、南米ではどうなんでしょうねえ。
アンデスの高地などはメキシコシティと同じで空気が薄く乾燥してそうです。
チリ、アルゼンチンのあたりも、地方によりけりでしょうが、
緯度が高いので、そんなに暑くなく、
普通に季節性のが流行るとしても不思議はない気がしますけどね。
 2009年05月06日 10:11
最近、インフルエンザ絡みでレイノーソの一件だけでなく
U-17W杯予選が途中で中止になったコトや
ビーチサッカー予選の延期、リベルタ杯のコト…
みんな日本でも記事で見かけましたね。

レイノーソの件もそうなんですが、こちらの記事のように
チバス側もこんな目にあったんだよというとこまで
書かれている記事もありますが
簡単に書かれている記事も多かったりするので
なかなか日本の皆さんには、伝わってない
部分もあるのかもな…とも思ったり。

http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=worldsoccer&a=20090505-00000017-ism-socc

リーグ無観客試合の時のアステカの写真なんて
テレビだけでなく、ヤフーのトップや新聞に載ったぐらいで
さすがに、これだけ取り上げられるのは珍しいです…。
メキシコサッカーというより、インフルエンザの影響が
人気のサッカーにも…というコトなんでしょうが何だかちょっと複雑。

普段は監督辞任、監督解任危機、監督が国内で
非難されまくってる、W杯予選の結果
(アメリカや他の国の結果と一緒に
スコアと順位がちょっと書いてある程度)ぐらいしか
見かけないしなー。
それでも、以前に比べたら…。(笑)
Egoist  2009年05月06日 22:54
>Egoistさん
わー、ホントだ、というかこの記事はメキシコメディアより詳しいですね(笑。
メキシコでは、レイノーソが自分は感染していると発言したなんて、
どこにも出てなかったと思います(全部チェックしたわけじゃないですが)。

私もグーグルで「メキシコ」を含むニュース検索を
ニュースページに設定してるんですが、
今インフル関連のニュースにサッカーの話が混じっていると、
なんかこうあちこちが微妙に間違っているのが気になります(笑。
レギュラーシーズンのあとの「入れ替え戦」とか、
一部から「三部」まですべて無観客ってのはまあいいとして、
それが176試合って少なすぎない?とか……。
ま、記事の主眼はそこじゃねぇよッ、って言われたらそれまでですけどね(笑。
まあこんなことでも話題になって興味持ってもらえるなら、
と言いたいところですが、でもやっぱり、
インフルエンザが過ぎたら忘れられて元通りなんだろうし、
そのあとにはイヤなイメージしか残らないかもですね……。



ところで、チリが正式に謝罪してきたそうです。
http://www.oem.com.mx/esto/notas/n1151008.htm
在墨チリ大使館を通じて、あの試合のときのチリ側の罵倒は
ごく一部のチリ人から発せられたものではあったが、
それによって侮辱されたと感じるメキシコ人がいたとしたら、
謝罪します、というもの。
おー、私メキシコ人じゃないけど、その謝罪はいただきますよ(笑。
チリはメキシコに対して国境を閉ざしてもいないし、
これからも支援していくとのお言葉、有難く受け止めるとしましょう。
チバス側ももちろんこれを快く受け入れたとのことです。
あとはレイノーソの問題だけですね……(溜め息。

しかしとっくに国境を閉ざしているアルゼンチンやペルーと
リベルタ杯で対戦になっていたらもっと大騒ぎだったかも?
チバスとサンルイスのホーム戦をどこで行うかについては
今日中にコンメボルから発表があるらしいです。
決まったらまた追記します。
亀 & 追記  2009年05月06日 23:16
http://www.mediotiempo.com/futbol/santander-libertadores/noticias/2009/05/07/san-luis-y-chivas-jugarian-octavos-en-mexico

昨日決まるはずだったのに、何も出ないなあと思っていたら、
今日になってやっと。
で、コンメボルは、サンパウロとナシオナルが承知すれば、
メキシコでチバスとサンルイスのホーム戦をやってもいいということに!
おお〜すごい!
……と思ったんですが、いや待て、そもそもサンパウロとナシオナルが
イヤだって言ってたんじゃなかったの、この問題?
誰が言い出して揉め始めたんでしたっけ?
なんかよくわからないけど、とにかく一週間前よりは、
世界的にもパニックというか恐怖が和らいできたのかもですね。
一週間延期にしたのがよかったのかも。

というわけで、今度はサンパウロとナシオナルの返事待ち。
で、イヤだって言われたらどーすんだろ?
そしたら先にアウェイ戦やればいいと思うんですが。
追記  2009年05月08日 07:57
http://www.oem.com.mx/esto/notas/n1153005.htm
これは昨日の、コンメボルの発表以前に出ていた記事のようですが、
サンパウロがコンメボルの決定が遅れていることに苦情、
いつどこで試合をするのかわからないで放置されて、
損害を蒙っていると言っているようです。
また、コンメボルがメキシコでの試合を認めることに対して不安を感じ、
「もしそうなったら、こちらが苦境に立たされる。
 メキシコに行くことを拒否したらメキシコとメキシコ人に悪いし、
 行くことにしたらこちらの選手を大きな危険に晒すことになる」
とクラブのスーパーバイザーが言っているようです。
あはは、メキシコ人に悪いし、ってのがなかなかいいです。
でもそうだよねえ、ここはコンメボルがはっきりすべきところでしょう。
クラブに判断を委ねるってのは、逃げだよな。

で、その後のコンメボルのお達しで、クラブが承知すれば、という
下駄を預ける判断になっちゃったわけですが。
http://www.oem.com.mx/esto/notas/n1153707.htm
やっぱりサンパウロもナシオナルも行きたくな〜い、と言ってる様子。
もうこうなったらインフルエンザがどうこうというよりも、
とにかく少しでも相手チームに有利じゃないように事を運ぶって話じゃないのか?
そうなってもまあ普通だと思うし。
で、メキシコ側もいったんこうなったら意地ですよ。
相手が来ないならいいよ、不戦勝で、と言ってます。
まあこれまた普通に考えればそうだよねえ。
また、これ以上問題が長引くならメキシコ両チームは
FIFAに訴えるとかも言い出しちゃってるようです。
勝訴するかどうかは微妙だと思うけど、
よそでやるって言っても拒絶され、やってもいいよってところは
コンメボルに拒絶され(コリチバはどうなったんだろう?)、
向こうが来ることも拒絶されたら、どうせいっちゅうねん!
ではあります。

コンメボル、この決定はちょっとまずかったかもね。
話がよけいにこじれちゃったよ。
こんな決定出すから、サンパウロやナシオナルも何となく
もう承知の雰囲気なのかと思っちゃったじゃないですか。
まあ拒絶の返事はまだ正式には出てないようなので、
まだどうなるかはわかりませんが。

結局、まだ何も決まらないのでした。
追記  2009年05月09日 00:02
http://www.mediotiempo.com/futbol/mexico/noticias/2009/05/08/discriminan-a-chivas-y-los-expulsan-de-un-torneo-en-holanda

リベルタ杯ではないですが、
エフライン・フローレスの率いるチバスU-18チームが、
オランダで開催されるユース大会から放逐されたそうです。
理由はわからんでもないけど、インフルエンザに関する知識の欠如だと、
チバスはムカついているらしいです。
他にもフランスとコスタリカで大会やることになってるけど、
そちらはまったく問題ないのに、とか。

リベルタ杯ですが、
http://www.mediotiempo.com/futbol/santander-libertadores/noticias/2009/05/08/guadalajara-sigue-esperando-determinacion-de-conmebol
やっぱりサンパウロとナシオナルはメキシコに来たくなくて、
チバスは来ないならうちが不戦勝だよといい、
サンルイスは来ないならもうリベルタ杯に参加してやんない、と言ってます。

ところで、今さっきテレビで聞いた話ですが。
コンメボルが決定を下したらしいです。
メキシコでの試合は中止で、ブラジルとウルグアイで
それぞれの一発勝負だって……。
今度はメキシコチームがハイそうですか、というわけないじゃん……。
というわけで、続きます。たぶん。
追記  2009年05月09日 04:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。