2009年05月03日

第16節 ネカクサ対アトランテ


えーと、アトランテ、頑張ってください。
絶対、勝ってください。
いやどうだろう、ここでネカクサが負けると
ティグレスに気の緩みができて、かえってよくないかも……?

などという実に複雑な心境で見てたんですが、
やっぱりサッカーってこういう大きなものがかかってくると
見てる側も気分盛り上がりますなあ。
あんまり嬉しい盛り上がり方ではないけど……。

で、結局1−1の引き分けでした。
ネカクサ、途中からひとり少なくて、
それでもよく頑張ったよな。
降格かかってんだから当然と言えば当然だけど。

さて、明日ティグレスが勝てば(!!!)
降格問題はケリがつくらしいです。
すなわち、ネカクサばいばい。
しかし勝たなければ(というか負けるだろ、ふつー)、
降格決定は最終節に持ち込まれると。
ええ、もうそりゃね、メキシコですもの、ティグレスですもの、
最後の最後までじらして楽しませてくれるに決まってますよね〜!?

でも、負けると決めてかかったら勝ったりする、こともある、
メキシコサッカーですから、予断は許されません。
うわーー、トルーカさまさま、お情けを〜〜!

審判
José Alfredo Peñaloza Soto
Juan Joel Rangel Maya
Rita Muñoz Villareal
Hugo León Guajardo






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。