2009年04月25日

第15節 サンルイス対ネカクサ(メモのみ)


ユースの試合なんかふたつも立て続けに見ちゃったもんだから、
それとインフルエンザニュースを探したりしてて、
この試合は片目でてきとーにしか見てませんでした。

前半早々にネカクサはコウデットが左足を痛めて交代。
コウデットはいつも活躍する選手なので、これは打撃、
とか思ったのに(いや決して嬉しがったわけでは……)、
なぜか前半はネカクサペース。
サンルイス、しょぼいのはリベルタ杯だけにして、お願い……。

しかしネカクサのゴールが一度はオフサイドで取り消し、
それにもめげず、さらにゴールを決めて先制、30分のオロスコ。

グダグダなままのサンルイス、それでも個々の選手は悪くないはずなのに。

それでも後半けっこう盛り返して、互角な試合になってくる。
サンルイスがどんどんよくなってくる。
エンジンかかるのが遅いんだよッ、君たちは。

そしてもう試合もこのまま終わるかと思っていた86分、
トレソールが右サイドから見事なクロス、
ゴール正面でそれを捕らえて打ち込んだレイエスが同点に。

そのまた直後にチャンゴ・モレーノがゴールポストをかすめるシュート、
ネカクサがまた勝ち越すかとドッキリしました。

主審はアルチュンディアさん、オーバースペックじゃない?
1−1で試合は終了。

審判
Armando Archundia Téllez
Héctor Manuel Delgadillo Castañeda
Marvin Torrentera Rivera
Miguel Ángel Ortega Rojas






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。