2009年04月18日

アギーレ監督、正式にお披露目


それほどでもないかと思いつつ、一応新記事にしておきます。

ハビエル・アギーレ、メキシコ代表監督として正式なお披露目がありました矢印緑 矢印緑

アギーレは就任のあいさつとして、
エリクソンがコスタリカ戦のあとで使ったmadreという単語が最近
メキシコ代表関連で流行ってるんですけど矢印緑
(medioさんのリンクが死んで、グーグルでも過去記事辿れないからestoさんでちっ(怒った顔))
「メキシコ代表のアイデンティティを取り戻したい、
 madre を打ち破っていきたい」と言ってます。

madre って説明しにくいんですが、本来の意味は「母」。
で、「父」の padre が常にいい意味で使われるのに対し、
母へのメキシカンの感情の複雑さは、それだけで本が書けそうなくらいなんですが、
まあ悪い意味で使われること(罵り言葉)のほうが多いです。
でもまるっきり逆に、いい意味(最大級の誉め言葉)である場合もあるようで、
poca madre、直訳すれば「少ない母」も、罵りの否定形としていい意味と、
誉め言葉の反対として悪い意味で使う場合とあって、
はっきり言ってさっぱりわかりません。
が、とにかく、コスタリカ戦に勝ったときエリクソンが覚えたての?
メキシカンスペイン語力を発揮して、me siento de poca madre と言ったのが
メキシコのメディアに受けて、それ以来、代表関係者もことあるごとに
madre 連発してませんか?
ともかく、アギーレは、代表の不調を指して madre と言っています。

また、過剰な期待を抑えるつもりか、
「自分は以前と同じ自分であり、ひとりのメキシコ人に過ぎず、
 救世主(エル・サルヴァドール)ではない、
 エルサルバドル(救世主)は6月6日だ」
と、オーメンみたいなことを言っちゃってますが、
これは当然、6月6日のエルサルバドル戦を指してのことですね。

予選に向けての招集選手リストはまだだそうですが(そりゃそうだろう)、
4月26日(日)にまずは第一回の合宿を行うようです。
しかしこれは国内組だけかなあ。

また、アギーレはメキシコ生まれの選手も帰化人選手も区別はしないと宣言。
まあ程度問題でもありますが、そこで今さら文句を言う人もないでしょう。
怪我をしている選手を呼ぶのはもってのほか、
代表合宿に調子を取り戻すために来る選手はいないことも明言。
現役でプレイを続けていて調子のいい選手だけを呼ぶと言ってます。

予選には時間がもうあまりないし、練習試合もできないのはハンデだが、
しかしこれは苦情ではない、やるしかない、
もう三年間ずっと一緒にやってきたかのようにエルサルバドルに向かう、
とのこと。

さて、estoさんのほうでは、アギーレに向けて、
オマール・アレジャーノがスタッフに入るのかという質問が出てます。
アギーレは、アレジャーノの事情についてはニュースで聞いたが、
彼と直接話はしていない、代表スタッフはもう揃っていて、
これ以上のスタッフを契約する余地はない、と言ってます。
アレジャーノ、つくづくタイミングの悪いことですね。

その他のスタッフとしては、以前に発表があったように、
マリオ・カリーヨ Mario Carrillo と
マヌエル・ヴィドゥリオ Manuel Vidrio がアシスタント auxiliares、
アルベルト・アギラール Alberto Aguilar がGKコーチ entrenador de porteros、
フアン・イリバレン Juan Irribarren がフィジカルコーチ preparador físico、
ホアキン・レデスマ Joaquín Ledesma がこれまでどおりチームドクター、
そしてなんと日本人オミ?・イワサキさん Omy Iwasaki が運動療法士 kinesiólogo。
マッサージ師と道具係はこれまでどおり、と言われても知りませんが、
まあ名前を書かれてもやっぱり知らないですが。

また、スタッフ選出にメキシコ大統領の意見が取り入れられたという噂には、
それをきっぱり否定し、いい関係を築いていて、数回会って話をしたのは事実、
しかしスタッフ選出は自分とネストール(・デ・ラ・トレ)と
フスティーノ(・コンペアン)、デシオ(・デ・マリア)だけでやったと言ってます。
大統領はそんなことよりもっと重要な決定事項を抱えていると。

で、いきなり、ネストールとうまく行ってないのか、という質問。
これに対してはアギーレは、
ネストールはチバスにいたころから22年来の知り合いだが、
選手だったころは、今の役員をしている彼より気に食わなかった、
しかし彼と意見が食い違ったことは過去になく、現在もなく、将来もないだろう、
と言ってます。
ふーん、気に食わないってはっきり言う程度に仲の悪さは公認だったのか。
ま、それがネガティブな影響を及ぼさないといいですね。

最後に、アンブリスがスタッフに入らなかったことについて、
アギーレはすでに(スペイン、アトレティコでの)今シーズン頭に、
アンブリスがアギーレと一緒に仕事をするのはこれが最後、と言っていたと告白。
アンブリスはそろそろアギーレから独立して
自力で監督としてやっていきたいと思っているらしいです。
アギーレはもちろんそれを認め、応援しているとのこと。
そうかぁ、子供の学校は表向きの口実だったのか……。
じゃあ6月からとかってのもまずなさそうですね。
ちょっと残念だけど、まあスペインで(でもどこでも)頑張ってほしいものです。
確かにアギーレのアシスタントでいる限り、マスコミに注目はされないし、
どこかのクラブの監督で地道に功績をあげるほうがいいかもですね。

とりあえずこんな感じで。
アギーレ関連のニュースはバカみたいに数多く出てますが、
全部は読んでません。
面白そうな記事、気になる記事があれば教えてください、
いつものいい加減な翻訳でよければ紹介します~。




この記事へのコメント
http://www.oem.com.mx/esto/notas/n1128611.htm

まず最初の合同練習は4月27〜29日、
ただしもちろん国内組のみの招集になり、
その選手リストの発表は次の木曜日だそうです。

そして、アルゼンチンとの親善試合が今のところ組まれそう、
6月に、と記事にはあるんですが、
Estoさんのトップでは、アギーレのデビュー戦がアルゼンチン、と。
えーと、6月の(つまり次の)親善試合って予定では20日で、
W杯予選よりあとだよねえ?
6月6日のエルサルバドル戦の前に無理に組み込むってこと?
でもそんなことしても国内組しか呼べないし、
まあアルゼンチンのほうがどんな顔ぶれで来るのかわからないけど、
あんまりいい試合にはなりそうにない気が……。

あと、ネストールは、メキシコの国内リーグが長いほうが、
先々の予定が立てやすくて、代表にとってもプラスになると、
半年シーズンから一年シーズンへの切り替えを望んでいるようです。
今年もまた12月にクラブW杯に行くクラブが出てくるので、
そのために開幕シーズンリギージャの日程を調整しなければなりません。
そりゃまあそうなんだけどさ、どのクラブがリギージャ進出するか、
どのクラブがどの大会に出るか、どっちにしてもわからない状態で
一年先の予定を決めてみてもあんまり違いはないような気がしますけどね。

http://www.oem.com.mx/esto/notas/n1128643.htm
こちらの記事も、内容は重複してる部分が多いですが、
アギーレとスタッフが招集リストの内容については何も漏らさなかった、
けどクアウテモックに代表復帰の可能性を打診はしたらしい、
という話が出てます。
復活してくれるかどうか、楽しみです。
追記  2009年04月19日 03:28
http://www.mediotiempo.com/futbol/mexico/noticias/2009/04/20/descarta-el-tri-jugar-amistoso-ante-argentina

アルゼンチンとの親善試合は5月20日に組まれる方向で検討されたらしいですが、
その日はリギージャとかぶるので、取りやめになったということです。
アギーレのデビューはいきなりW杯予選エルサルバドル戦となります。
追記  2009年04月21日 08:20
http://www.mediotiempo.com/futbol/seleccion-mexicana/noticias/2009/04/20/espera-fmf-nuevo-reglamento-para-el-tri

代表チーム委員会とサッカー協会は、
今後に向けて新たな規則を作っていくつもりらしいです。
そこには、U-20予選のときに三人の選手の供出を拒んだアトラスのように
選手を出さないクラブへの罰則も含まれるとか。
出さねぇやつは焚き火でじわじわあぶり殺しの刑だ、という冗談も出たとか。
あー、それと、サッカー関係者にデ・ラ・トレって名前、ヤケに多いんですが、
ネストール・デ・ラ・トレとトルーカ監督のチェポ・デ・ラ・トレは兄弟だそうです。
そう言えば顔も何となく似てるもんね?

http://www.mediotiempo.com/futbol/mexico/noticias/2009/04/20/nadie-tiene-segura-la-porteria-del-tri-aguilar

また、アギーレはメキシコ代表のGKの座は非常に不安定であると語った様子。
オスワルドとオチョアとコロナばかりでなく、他のGKたちも見ているそうです。
USA戦でのオスワルドのミス、ホンジュラス戦でのオチョアのミス、
となると次はコロナか、と思われるところ、まだそれはわからないと。
だよねえ、他にもいいのがいろいろいますもん、メキシコGK。
というわけで、こちらも楽しみです。

http://www.mediotiempo.com/futbol/mexico/noticias/2009/04/20/incierto-futuro-del-039guille039-en-europa

ついでに元代表選手ってことで、ギジェ・フランコですが、
ヴィジャレアルとの契約が切れるらしくて、
この夏どこに移籍するか、欧州に残るのかモンテレイに戻るのか、
今わからない状態だそうです。
モンテレイねえ、アルドよりはギジェのほうが頼りになりそうだけど、
今のタレント(=我の強そうなやつら)揃いのモンテレイで
これ以上FWが増えてうまくやっていけるのか、ってところがちと心配。
ギジェの代理人は、スペインのチームで興味を示しているところが
いくらでもあると言ってるようですけど、それも駆け引きのうち?
追記  2009年04月21日 11:49
http://www.mediotiempo.com/futbol/mexico/noticias/2009/04/23/el-tri-enfrentara-a-venezuela-y-guatemala

メキシコ代表の親善試合の相手が決まったようです。
6月6日と10日のW杯予選を終えてからの、
6月24日にベネズエラと、28日にグアテマラとやるそうな。
20日も親善試合の日だと思ったんですが、ここはやらないのかな。
どちらも試合開催はUSAにて(またかよ〜……)。
ベネズエラとはジョージア州アトランタにて、現地時間19時半から。
グアテマラとはカリフォルニア州サンディエゴで現地時間17時半から。

これを済ませると、7月頭から黄金杯が始まります。
仇敵(強敵?)USAはこの直前に南アでコンフェデ杯に参加しているはずで、
そこから帰ってきたばかりのUSA、疲れているかチームとして仕上がっているか、
黄金杯もまったく安心して見られない状況ではありますが……。

しかしそれよりもこのところ負けてばっかりのグアテマラに、
今度こそはちょっと勝ってほしいもんなんですけどね……?
追記  2009年04月24日 02:48
http://www.mediotiempo.com/futbol/mexico/noticias/2009/04/24/no-habra-propuesta-para-torneos-largos-el-proximo-lunes

国内リーグを通年シーズンに戻すという案は撤回されたそうです。
まだ当分は半年シーズンで続きそうです。
追記  2009年04月25日 07:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。