2009年04月13日

第13節 プーマス対プエブラ


あーあーあー、プエブラが美しく散った試合でしたね。

最初のゴールは見損ねたんですが、
6分にダヴィーノがヘディングで決めたらしい。
しかしどちらもパワーでがしがし攻めるチームだから
面白い試合になってくれるだろうと思ってたんですが、
前半終わる直前にプエブラGKヴィリャルパンドが
ボールに飛びついたものの、チームメイトにぶつかって落とし、
それを決められ、同点。

後半はプーマスがやや押し気味だったかな?
あんまりちゃんと見てませんでしたが、
途中でチェロキーがレッド喰らっちゃって、プエブラ10人に。
それからは完全にプーマス攻勢、
しかしプエブラはよく守っていた。
92分まで。
そこでバレラのミドルシュート、あれは途中でDFに当たって
少しコースが変わっていたような気がしますが、
GKヴィリャルパンド、たぶんそのせいで止められず。
バレラは逆転ゴールに、イエロー覚悟でユニを脱いで大喜び。
プエブラ監督チェリスはひっそりと泣いてましたか?

それでもどうにか何とか同点に持ち込もうと全員で攻めあがったプエブラ。
あっという間にカウンター喰らって、プーマス5人にプエブラ3人、
どうにもならず、プーマス3点目。
決めたのはパコ・ヴァレンシア。
もういっそ清々しかったですね、プエブラの散り方。
3−1でプーマス勝利です。

審判
Paul Enrique Delgadillo Haro
José Luis Camargo Callado
José Luis Alonso
Germán Arredondo Ramírez

ゴール
0 - 1 Duilio Davino al minuto 6' de cabeza a pase de Ramón Núñez
1 - 1 Martín Bravo al minuto 40'
2 - 1 Pablo Barrera al minuto 91'
3 - 1 Juan Francisco Palencia al minuto 94' a pase de Dante López






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。