2009年04月12日

第13節 アトランテ対チバス(メモのみ)


コンカカフCLのアトランテと、リベルタ杯のチバス。
ちょうどセマナサンタで、カンクーンで休暇を過ごす人も多いらしく、
この試合もけっこう注目されてる感じでしたが、
時間も遅いし……とあまり見る気になれずにいましたが。

クラシコ・レヒオのあとそのまま同じ局で始まって、
ぼうっと見てたら立て続けにゴール。
というわけで、結局見てしまうのでした。

前半

いきなり。

2分、1−0、ラファ・マルケス
レイが左から打ったシュートをGKミチェルが弾き、
それを反対側に駆け込んでいたマルケスが決める。
ミチェル……、マルケスをフリーにしたDFもだけど、
もうちょっといいとこ見せてくれよう〜!

18分、2−0、MAマルティネス
これまたいきなり中盤からミドルシュート!
ゴラッソだったけど、ミチェル前に出すぎてました。

このあと、GKヴィラールがチチャロを倒してしまってPK。
チバスはレッドを要求してたけど、主審は譲らず。
45分、2−1、ラモン(PK)

このあと、ちょっともうしんどかったので、
気になりつつ寝てしまいました。
あとで見たら、おおお、チバス根性で追いついたか。
70分にヴェネガスのオウンゴールで2−2に。
一気に突き放されて若手選手たちで大丈夫かなと思ってたけど、
どうにか立て直したんですね。

追記:あとでハイライトをちゃんと見てたら、
GKヴィラールどうしたんですかね?
2−0で気が緩んでいたか?
PK与えたシーンも、ヴィラールがぼけっと足元のボールを転がし、
すぐ前にいたチチャロに奪われてピンチになってのファウルだったし。
二点目のオウンゴールも、CKをヴィラールがパンチングしそこね、
シュートされたのがゴール前に詰めていたチームメイトに当たったもの。
今節最悪のGKだったかも?
チバスにとってはありがたや〜でしょうが。

審判
Roberto García Orozco
Salvador Rodríguez Gorrocino
Carlos Fidel Moreno Vázquez
Julio Escobar Barba

ゴール
1 - 0 Rafael Márquez al minuto 2'
2 - 0 Miguel Ángel Martínez al minuto 18'
2 - 1 Ramón Morales al minuto 45' de penalty
2 - 2 Luis Gerardo Venegas al minuto 70' de (Autogol)






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。