2009年04月05日

エールディビジ ロッテルダム対PSV


一応録画はセットしておいたんだけど、
後半だけ見ました。
すでに前半でPSVは2点リード、
ジュジャクの左からのゴラッソとトイボネンのゴール。

しかしスパルタ・ロッテルダムってPSVとユニ一緒。
最初どっちがどっち、と混乱しました。
Philipsの代わりにGraydonってロゴが入ってるだけが違い。
PSVは今日はアウェイなので真っ白ユニ。

サルシードもホンジュラスでのレッドショック?もなく(たぶん)
元気にプレイしてました。
後半では一度、ジュジャクに壁パス出して走りこんで、
GKとほとんど一対一、打てッ!と思ったところで、
なぜか気が引けたようで、横のチームメイトに譲っちゃった。
そこからPSVの連打攻撃となりましたが、
ロッテルダムががしがし守ってゴールに至らず。

後半はかなりいいチャンスもありながら、
ポストやバーに阻まれて0−2のまま終了。
ロッテルダムのほうもさすがに必死で攻撃してましたが、
PSVの守備に危なげはなく、GKイサクソンも安定してきたな〜。
一度はものすごくぎりぎりでセーブしたのをまたシュートされ、
しかしポストに片手をかけて回転したイサクソンが
もう一方の手でボールを外へすくい出す、という早業。
フランス人DFのブレシェも、移籍してきたばかりのころは
危なっかしい感じでしたが、怪我のせいもあったのかな。
最近はサルシードの横で、頼りになるDFです。

試合データはこちら矢印緑 とこちら矢印茶






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。