2009年03月19日

留守のあいだのリベルタ杯試合(メモのみ)


3月6日から19日まで、モンテレイに行ってて留守にした二週間に、
リベルタ杯の試合はたくさんありましたが、
メキシコチームの試合だけ、簡単にメモしておきます。

チバスはホームにベネズエラのカラカスを迎え、
直前のアウェイで2−0で負けていた分の雪辱を……
と思っていたはずですが、辛くも1−0で勝ち点3を獲得。
後半に入って間もなくマガヨンが二枚目イエローで退場し、
引き分け上等のカラカスががっちり守る態勢の中、
79分にようやくチバスのゴール、
ピネダのFKにガリンドがヘディングで決めたようです。
試合データはこちら矢印緑

このグループは4チームともが4試合を終了し、
チバスが勝ち点7、チリのエヴァートンと並んで、しかし得失点差で一位です。
ベネズエラのカラカスは2勝2敗で勝ち点6、
アルゼンチンのラヌースが2分け2敗で最下位。
しかしまだどこも2試合残っているので、ひっくり返す可能性は充分です。



サンルイスのほうは留守のあいだに
ペルーのウニベルシタリオとホームアウェイをやってます。
どーにも勝ちきれないサンルイス、どちらも引き分け。
このグループも4試合を終了して、
パラグアイのリベルタードが4戦全勝のトップ。
ペルーのウニベルシタリオが1勝2分け1敗で2位に、
アルゼンチンのサンロレンソが1勝3敗、
サンルイスが2分けの勝ち点2で最下位。
まだ、2位の勝ち点が5で、2試合残っているので、
サンルイスが2位に食い込む可能性は数学的にゼロではないですが、
うーん、かなり難しいかもね。
パラグアイのリベルタードはもうトーナメント進出決定です。

10日にあったウニベルシタリオ対サンルイスは
病室にあったテレビで見ることができたので見てたんですが、
30分に喧嘩騒ぎで両チームともに退場者、
前半はそこそこシュートもあったんですが、
後半は覇気のない展開でスコアレスドローでした。
試合データはこちら矢印緑

18日は義母の家でテレビもあったんですが、
ESPNは入らず、見ることはできませんでした。
サンルイスが先制してもウニが追いつき、という展開だった様子。
試合データはこちら矢印緑






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。