2009年02月22日

エールディビジ フローニンゲン対PSV


メキシコ時間で13時45分始まりの予定が、
なにやらスピーカーの蓋がぶら〜んとぶら下がっちゃってて、
主審がそれでは危なくて試合開始できないと判断、
25分かけてそれをどうにか修理しようとしたけど、ダメでした。
蓋は、金属だったら危ないけど、プラスチックに布を張ったもの?
万が一落ちてきて当たったらかなり痛いだろうし出血もするかもだけど、
どうだろう? 結局そのままになったみたい。

P1020372kl.JPG
おそるおそる近付く作業員

P1020370kl.JPG
その作業を撮影する観客(を撮影する亀)

ペナルティキックのいかにもそこだけ芝植えましたっていう
四角いところも何度も映されてます。
ともかく大幅に遅れて試合開始です。

あーもうこりゃスコアレスドローかな、と思ったところ、
最後の最後にラゾヴィッチのゴールでPSV、勝ち逃げ。
フローニンゲン、呆然。

試合データはこちら矢印緑 矢印茶







この記事へのコメント
病身をおして見る試合だからレポートもそれほどないかな
と期待薄でぼーっとしてたので「試合の経過」というところを見逃していました。
今頃気が付いて読んでみると、この貴重な1点は
サルシードのパスからきていたんですね。
すごいぞサルシード!
92分30秒で引き分けか勝ちかの分かれ目なんて
普通、リーグ戦ではなかなかありません。
よくやったPSV。なんとなく縁起がいいようで嬉しかったです。
マル  2009年02月22日 18:59
>マルさん
そうそう、メキシコメディアなんかちゃっかり
サルシードのアシストってことにすりかえちゃってるよ。
ホントは金髪ボーイ、ニーラント? ナイラント?のアシストです。
でも先週末の試合ではおバカミスで相手にゴール与えちゃった分、
今回はちょっと取り戻せたかもね〜。
レポには書き損ねたけど、本人のシュートもあって、
それが外れたとき、けっこう清々しく照れ笑いしてたのも印象的でした。
監督は相変わらず暫定監督のままだけど、これでシーズン最後まで行くんだろうか?
でもおサルの気持ちとしてはだいぶ楽になったのかなあ、と期待してる。
あとはアヤックスが負けてくれれば3位に食い込めるんだがなあ、無理かなあ。
 2009年02月23日 02:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。