2009年02月05日

リベルタ杯 パチューカ対ウニベルシダード・デ・チレ


マルカリアンとその選手たち、寒いパチューカにやってきました。
両チームともキャプテンはGK、どちらも黒いユニ。
審判団はショッキングピンク〜。
エクアドル人です。

第一戦はウニベルシダード・デ・チレが1−0で勝ってます。
パチューカは相手にゴールを許さず、2点差以上で勝たねばなりません。
チリではパチューカには勝てんだろ、みたいなことになってるらしいですが、
いや、そう思わせて油断させる作戦?

と思ってたら、なんとなんと。
チレはひとりがわずか9分で退場、
そのまた直後にパチューカにPK献上してくれました。
これはもう勝つしかないだろ?
……と思わせて、しかし相手がグダグダだった前半で
ゴール決められなかったパチューカ、すでに負けてたかもね。
後半、チレはしっかり立て直してきました。
そしてFKからの一発。
パチューカはラスト近くでようやくダミアンが一発決めたけど、
2−1、総合2−2のアウェイゴールの重みで
相手チームがリベルタ杯グループリーグに進出です。
でも確かにチレのほうがふさわしい試合してたよね。
前半はやる気ないのかと思ったけど、
もしかしてこれはマルカリアンの用意周到な作戦でしたか?

試合データはこちら矢印緑

Árbitro Alfredo Intriago (ECU)
Asistente 1 Juan Cedeño (ECU)
Asistente 2 Carlos Herrera (ECU)
Auxiliar Mauricio Rafael Morales Ovalle (MEX)







この記事へのコメント
新しい記事を書くほどでもない、かなあ?
ということでここに追記です。

http://www.mediotiempo.com/noticia/74355/pipino-cuevas-se-va-a-la-u-de-chile/
クーちゃん、もとい、ピピーノ・クエバスが
ブラジルのサントスからチリのウニベルシダード・デ・チレに移籍だそうです。
ええ〜、もう一足早ければ懐かしい面々と再会できたのにね〜。
いやいや、決して、クエバスなら盛大に外しまくってくれただろうとか
思ったわけではありませんよ!?

ともかくも29歳のパラグアイ人FWクエバス、
ウルグアイ人監督マルカリアンの元、チリのチームでプレイすることに。
うーん、メキシコチームのいないグループだから試合見られるかなあ?
頑張ってトーナメント進出してきてください、そこで再会しましょう。
追記  2009年02月09日 06:30
次藤君、いつの間にかリベルタードに移籍していたのですね。
http://www.clublibertad.com.py/prensa/actualidad/actualidad25_01_09.html

個人的にはアルゼンチンの方で見たかった気もするけど、リベルタ杯でサンルイスとも戦うので見られるからいいか。代表のことを考えるとその方が得策とも言えるだろうし。
またPachucaに戻ってきて欲しいな。
コンクリ  2009年02月10日 18:17
>コンクリさん
ああっ、ホントだ!
パラグアイのリベルタードなら、リベルタ杯でまたお目にかかれるかも。
とにかく母国に帰りたかったようだし、よかったですね。
メキシコでのことがイヤな思い出ではないといいんですが……。
またいつか戻ってきてもらえるように……。

このニュース、移籍記事にも転載させてもらいますね。
メキシコから出て行った話でもあるわけですので。
マンスールのインタビューもそちらで簡単に訳しておきます。
他にマンスールファン?の人がいるかどうかわかりませんが……(笑。
 2009年02月10日 23:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。