2009年01月10日

インテルリーガ第3節 アトラス対アメリカ


いまいち選手たちもよくわからないし、
まあ適当でいいかと適当なレポを書いてたら、
最後の最後にすごいことになっちゃいました。

4−1でアトラスが勝利、
アメリカを最終戦からはじき出してしまったという……。
アメリカ真っ青な展開です。
GKオチョアは世界で11番目にいいGKと認定されたのに矢印緑
4点も入れられてしまうなんて、ちょっと情けない。
まあいいセーブもしてたんですけどね……。

試合データはこちら矢印緑

0-1 Andrés Chitiva al minuto 4
1-1 Gonzalo Vargas al minuto 18
2-1 Bruno Marioni al minuto 35
3-1 Edgar Iván Pacheco al minuto 66
4-1 Jorge Daniel Achucarro al minuto 92

Árbitro Mark Geiger (USA)

さて、ティグレスもアトラスくらい根性見せてくれるといいんだが……。








この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。