2008年12月01日

リギージャ準々決勝2 プーマス対クルスアスル


さて、いよいよ準々決勝大詰め。
これまた盛り上がりそうな試合です。
主審はアルチュンディアさんですか〜。

プーマススタジアム、アメフト?のラインがくっきりと残ってます。
しょうがないけど珍しいね。

どちらも前回と同じフルメンバーです。
唯一の違いはプーマスのフェルナンド・モラーレスが今日は先発。
むしろ前回どうして先発じゃなかったのか、そのほうが不思議。
さて、今日こそはゴール決めてくれよ〜、どっちでもいいけど。

と言ってたら、これがまた予想以上にいい試合になりました。
ま、負けちゃったプーマスはショックでしょうけど。
1−3でアスルが結果的には圧勝。
プーマスも悪くなかったんだけどねえ。

試合を見てたダンナ、「決勝はトルーカ対アスルだな〜」。
え〜、ちょっとちょっと、サントスは?
無視。
アトランテはもとより……。
さて、どうなるでしょうね。
ダンナの予想はけっこう当たるからな。
じゃあ優勝は? と訊いてみましたが、さすがにそれは難しいようです。

Árbitro Armando Archundia Téllez (MEX)
Asistente 1 Héctor Manuel Delgadillo Castañeda (MEX)
Asistente 2 Marvin Torrentera Rivera (MEX)
Auxiliar Ricardo Arellano Nieves (MEX)

あ〜、書き忘れておりましたが(爆)
リギージャ準決勝の組み合わせは先のトルーカ対サントスに続き、
アトランテ対クルスアスルとなります。
水木にサントスホームとアスルホーム、
週末にトルーカとサントスです。







この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。