2008年11月13日

南米杯 チバス対インテル(BRA)


チバスはDFにオカンポとか見慣れないのが入ってます。

主審はパラグアイ人、カルロス・トレス。
これまでにコンメボルの試合で何度かメキシコチームの審判していて、
メキシコに不利だったり有利だったり、いろいろ、とのこと。
今日はどんな展開になるでしょうか。
つるっぱげの頭がてっぺん尖がった、ビリケンみたいな人です。

さて、試合は0−2でインテルの完勝。
ね〜、ホントに高地苦手なの?
前半こそスコアレスだったけど、じっくり守り、
後半で焦り始めたチバスの隙を突いての二点。
チバスはなす術なしでした。
チャンスはいくつもあったんだけどね、端から外してちゃね。

試合データはこちら矢印緑

Árbitro Carlos Torres (PAR)
Asistente 1 Emigdio Ruiz (PAR)
Asistente 2 Nicolás Yegros (PAR)
Auxiliar Carlos Galeano (PAR)







この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。