2008年10月13日

第12節 パチューカ対サントス


うーん、どうもマジメにサッカー見る気分になれないんですが、
まあ今週末最後の試合だし。
どっち見ようかなあ。
パチューカ対サントス、どっちもごっそり代表に取られてるけど、
まあこっちですかね?

パチューカはメキシコ代表にコレアとピント、
コロンビア代表にGKカレロ、
USA代表にパコ・トレス、
パラグアイ代表にマンスール、取られてます。
サントスは、アルセとパコ・トレスとヴオソと
GKオスワルドをメキシコ代表に、
ベニテスをエクアドル代表に取られてます。
どっちも「パコ・トレス」を取られてる……。
5人ずつだし、キャプテンのGK取られてるところも一緒だし、
ある意味すごく公平な組み合わせ?
パチューカは守備選手を中心に、サントスは攻撃中心に、
というところが違いといえば違いか。

GKはパチューカはコタ君、サントスは十二神将のベセラ。

さて、しかしサントスは最後に向けて頑張ったにも拘らず、
パチューカのほうがウンがついてました。
2−0でパチューカの勝利。

Árbitro Genaro Medrano Ávalos (MEX)
Asistente 1 Salvador Rodríguez Gorrocino (MEX)
Asistente 2 Alberto Morín Méndez (MEX)
Auxiliar Germán Arredondo Ramírez (MEX)







この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。