2008年06月16日

W杯予選 ベリーズ対メキシコ


今日は引っ越してしまう友人との食事の約束があったので、
まあ一時間遅れの放送で見てもいいや、と思ってたんですが、
ダンナが待ちきれなくてそわそわするので帰ってきちゃいました。
ぎりぎりだけど間に合いました。

出かける前にも、試合の3時間も前から、
いよいよW杯予選〜!てなプログラムもやっていて、
エリクソンの紹介もいろいろやってました。
ヒューストンのスタジアム前で3時間も前から切符買ってる人にインタビュー、
「4枚ほどあまっちゃった……」と言ってるサングラスのおじさん、
ちらっとポケットから見せてくれたのはすごいチケットの束……。
あら、ダフ屋さんでしたか。

さて、メキシコスタメンはGKオスワルド、
DFオソリオ、マガヨン、ガリンド、サルシード、
MFグアルダード、トラド、ルチョ、アルセ、シーニャ、
トップにヴェラ。
ペルー戦と同じですかね。

ところでベリーズの監督はグアテマラ人のサラスは
結局ベリーズサッカー協会との確執に加えて、
アメリカ行きのビザが取れなかった(!)とかで解任、
代わりに監督になったのは(ビザ要らずの)アメリカ人の
Ian Morkとかいう人らしいですが、メキシコメディアでは話題になってないかも。

ベリーズは赤と黒のユニ。
メキシコはいつもの、緑ユニ、白パンツに赤いソックスです。

主審は……オランダ領アンティル人、
線審がアルバ人とバーミューダ諸島人、
第四審判もアルバ人……。
な、なんかすごいな。カリブ海諸国審判団。イヤいいけど。

さて、ベリーズ、帰りの車の中でダンナに、
「スコアどのくらいになると思う?」と訊いたら、「10−0」と。
い、いや、ちょっとさ、あのさ、ドミニカ共和国とかヴァージン諸島とか
カリブのプロリーグもスタジアムもないようなところじゃないんだよ?
(いや、FIFA規定を満たすスタジアムはないわけですが)
ベリーズ、一応中米だよ? と言ってみたんですけどね。
で、蓋を開けたらやっぱりベリーズ、なかなかしっかりしてました。
そりゃあ第1予選でしっかりセントキッツネイヴィスに勝ち抜いてきてるんだし。
黒人系が多くてみんな体格よくて、何よりしっかり組織立ったサッカーしてます。

一方のメキシコはペルー戦で気を緩めたでしょ?
まあ結果は2−0でまあまあだけど、
内容的には……うーん甘く見て70点くらいかなあ。
メキシコメンバー、いろいろ大事な顔ぶれが足りないのは確かだけど。
まあ来週の試合はさらに気合入れて、しっかりやってくださいよ。

試合データはこちら矢印緑






この記事へのコメント
medioさんの採点表がさっそく出てました。
http://www.mediotiempo.com/noticia.php?id_noticia=59180
おおお、けっこう厳しいな(笑。
総合5.5点ですか。
んで、ダンナに、「今日の試合何点?」と訊いたら即答で「6点(10点満点で)」。
「MOMは?」と訊いたら「いない」だって。

まあ今日の試合、勝つのは当然で、それだけじゃ足りない、
しっかりいい試合をすることが最低条件、ってな感じで
テレビでもさんざん試合前から気合入れてましたからね。
それが前半スコアレス、後半でやっと2点、しかも1点はPKではね。
でもベリーズもペルーよりよほどしっかりしてたし、
過剰な期待してなかった(笑)私には、こんなもんだろ、程度。

さて、medioさんの採点。
90分プレイしたオスワルドは「採点不能」、「本を読んでた」というのに噴きました。
いや、ちょっとは仕事してたと思うけど……。
でもそれだけGKが暇だったってことはDFがそれなりに機能してたってことじゃないのか。
なのにDFもけっこう辛い点がゾロゾロ。
そうそう、おサルは私が寝てた後半の前半でやっぱり攻撃陣に加わってたようです。
んで、攻撃はできないね♪ と言われてます。
いやだからDFやらせておいてよ。
一番いい点もらったのはアルセで、うーん、ペルー戦よりは消えてたけどね。
ルチョも、いいFK蹴ってたので、ちょっと評価されてます。

でも全体に、確かにアイディアに乏しく退屈な試合でした。
ハーフタイムにダンナが、「ウーゴもこんな試合してた」とぼそっ。
「え、ウーゴは完全4バックだったでしょ?」と言ったら、
「違う、退屈な試合ってこと」と。なるほど。うん、そうかも。
でも私としてはベリーズがメキシコ(選手&国民)の期待以上に
遥かにいい試合をしたことが最大の原因じゃないかなと思うんですが。
ペルーはひどすぎたよね……。
まあ私はベリーズのような守備が好きなので贔屓目もあります、
そこらはご容赦。
その代わり攻撃はできなかったし、後半の後半はだいぶヨレヨレでしたけどね。

あ、それからテレビで言ってましたが、
エリクソンのデビュー戦がいきなり8月の第3予選(まあ通ると仮定して)、
というのは厳しいので、その前に親善試合を組むことを考えているらしいです。
追記  2008年06月16日 11:03
パルミーロ・サラス、本当はこの試合グアテマラでやりたかったんですよね。
ベリーズのサッカー協会との確執って、その辺りのこととかもあったと思われ、
そのお陰で4月だったかに監督代わったわけで・・・。
まあメキシコも代理監督ですけど、
そんな相手に力の差を見せられなかったのは
やっぱりちょっとサビシイかなぁ。
ベリーズがすっかり引きこもりしてたという事情はあったにしろ。

ベリーズの監督、テレビでインタビューしてるの見ましたけど、
スペイン語しゃべってたな。
何を言ってたのか覚えてませんが、
試合前にベリーズの選手が
「メキシコはウチのこと全然知らないだろ。
 だけどおいら達、メキシコの試合は良く見てるし、
 メキシコの選手のことは良く知ってるよ。
 だからウチが有利さ。
 おいらブランコのファンで、ブランコとプレーしてみたかったんだけれどな」
って楽しそうに話していたのは覚えてます。

メキシコとの試合、楽しみにして来たって感じで、
こういう無邪気さって、結構怖いかも。
二戦目はどうなるやら、いい試合になるといいですね。
monjablanca  2008年06月16日 22:46
>monjablancaさん
サラスがヒューストンなんてメキシコホームだ!とか言った話は
前にどこかで(どこだかわからないのがミソ、もとい役立たず)書いたので
今回は割愛したんですが、
まあよそ様が8−0、6−0なんてスコアでがんがんやってる中、
ちょっと寂しいと思うメキシコ人がけっこう多かったみたいですね。
でもなんか私は、こんなもんだろ、と納得してるんですけど(笑。
パルドがいなかったのは素直に痛かった。
ラファもジョバンニもネリーもブラボもギジェも、
一応アントニオ・デ・ニグリスもクアウテモックも、
役立たずなことが多いとはいえ、やっぱりいてくれたらもう少しマシだったかもしれない。
と思う逃げ道は残ってますしね???

でも、ベリーズについて知らなすぎるってのはまったく同感です。
出かける前に見てた番組でも、ベリーズの紹介してくれるかと思ったら、
まあちょっと選手インタビューやってましたけど、
(monjablancaさんが見たのと一緒かしらん?
 でもすごい訛ったスペイン語でほとんど聞き取れませんでしたわ)
監督が交代したことすら話題に出てませんでしたしね。
そりゃあ負けはしないだろうけど、そういう態度はよろしくないですよね。

あ〜そうそう、この試合で話題にしようと思って忘れてたことを追記しておきます。
先のペルー戦の勝利のあとで、ホテルでドンチャン騒ぎをして、
ホテル側から注意を受けたのにボリュームを下げなかったということで、
オスワルドが逮捕されるという寸劇がありました。
http://www.mediotiempo.com/noticia.php?id_noticia=58798
http://www.mediotiempo.com/noticia.php?id_noticia=58801
後者の本人の言い訳によると、騒いだのは自分じゃなく、
試合のあとでサントス優勝のお祝いをちゃんとしてなかったために
奥さんと食事に出かけて戻ってきたらチームメイトたちが騒いでいた、
そこに警察がやってきたのでキャプテンとしてその場を治めようとしたら逮捕された、とのこと。
まーホントかどうかわかりゃしませんが。
ともかく数時間ブタ箱にぶち込まれ、罰金を払ったとか払ってないとか、
ともかく釈放。
ただし、その逮捕歴によってこのベリーズ戦のためのアメリカビザが下りない、
なんて噂もあったようですが、ちゃんと出場してるので大丈夫だったみたい。
11日に、事情を釈明するためにUSAでの裁判に出席しなきゃならないとか
そんなことも言われてますが、これまた本人は否定してます。
ったく、そーゆー変なところで無駄にこじれないでよね、頼むから。

こんな辺りにも、メキシコ代表の気の緩みが出ているようで、
エリクソン、しっかり引き締めてやってください。
 2008年06月16日 23:21
とりあえず、勝ったようで…良かった。
確かにもっと点を取ってというのは思わなくもないですが
まぁ、こんなもんですよね。(笑)
ただでさえ攻撃が…ってのにプラスして、この招集メンバーでは
ガッチリ守ってたらしい?ベリーズを崩すのは
容易ではないんじゃないかと。

オスワルドの件は、ホントのトコロはどうだったのか
イマイチナゾですよね。
そーいえば、騒ぎを起こしたのに特に協会から
処分とかもないみたいですよね…。
音楽のボリュームでトラブルになったというぐらいで
大したコトないという判断なのかもですが。
Egoist  2008年06月17日 00:57
>Egoistさん
そー、とりあえず勝った、というところしかいいトコなかったですよね(笑。
でもやっぱりこんなもん、って思ってもらえました? よかった(笑。
なんかどこ見てもけっこうボロクソに叩かれてるし(誉めろとはそりゃ言いませんが)、
うちのダンナも昨日はプンプンで、ラミレスいいかもって思ったけどやっぱあかんわ、とか言う始末。
まあラミレスにこのまま任せていいとは私も思わないけどさぁ、
でも招集できない選手がたくさんいて、ラミレスも苦しい台所事情だったと思うよ?
と言っても、む〜〜っと怒ってるし、
それにベリーズだってペルーよりよっぽどいいサッカーしてたじゃん、と言っても
けっ、そんなことあるかい、とか言うし。
いやいやちょっと、冷静になりなさいよ〜〜(笑。

まあ確かにペルーのときは相手の守備がボロボロだったおかげもありますが、
それでメキシコ側もかなり自由に動いて、アルセやグアルダードが
いろんな攻撃仕掛けてたんですよね。
それが今回は打って変わって守りが堅くて、何も出来なかった不甲斐なさ、
ってのはそりゃあ確かにあります。
でも、それっていつものことだもんなあ(おいッ!
失点はなかったんだし、オスワルドやDFたちがどうこう言われることじゃないだろ、と思ったり。
たとえ勝っていても、失点があったらちょっと問題ですが。
まあこれで次の試合、0−0とかだとさすがに怒りますが、
とにかく勝ち抜いてくれればいいよ、って気分です。
ええ、もう、五輪予選敗退からこっち、過剰な期待はしませんから!(笑

オスワルド、そう言えばサッカー協会からもお咎め無しですね。
もしかしたらチームメイトを庇ってってのが本当だったんかしらん?
(それならそれで、騒音元のやつらは……?)
にしたって、どんちゃんパーティしたいならホテルじゃなくて
どこかよそでやれや!って思いました……。
 2008年06月17日 01:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。